死産と予防

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 死産(Stillbirth)とは妊娠20週を過ぎてから胎児が死亡することです。妊娠20週以前に胎児が死亡した場合は流産(misscarriage)といいます。 多くの場合は原因は不明ですが、死産をおこしやすい危険因子はいくつかあります。妊娠中に気をつけていれば20-30%の死産は防げるかもしれません。 死産になる危険因子 *先天異常: 胎児の体や機能に生存できないような致命的な欠陥がある場合 *早産: 発育が未熟なため、生存できない場合... 続きを読む

慢性膵炎

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 慢性膵炎とは膵臓におこる進行性、そして不可逆性の炎症性疾患です。炎症により膵臓の細胞が破壊され、 線維化して膵臓が硬くなっていきます。それに伴い、膵臓の機能は徐々に低下していきます。発症率は10万人に50人程度です。男性対女性比は2~3:1です。大半はアルコールの過剰飲酒によるものです。慢性の疾患なので、長期間、状態を見ながら治療方を調整していかなければなりません。 膵臓の機能... 続きを読む

アジソン病(Addison’ disease)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice アジソン病とは、腎臓の上にある副腎が何かの理由でコルチゾールやアルドステロンなどのホルモンを充分に分泌できないことによっておこる疾患です。発症率は10000人に1人で、あらゆる年齢層におこります。 大きく分けて原発性と続発性があります。原発性とは副腎自体に問題があり、必要なホルモンが分泌されない疾患です。続発性とは副腎自体には問題がなくても副腎を刺激する副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が下垂体の病気によって減少していることによっておこる疾患です。... 続きを読む

妊娠糖尿病(Gestational diabetes)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 妊娠中に糖尿病になった場合を妊娠糖尿病といいます。出産後にはほとんどの場合、正常化します。ただし、出産後6-12週でもう一度糖負荷検査をして治っていることを確認する必要があります。 中には妊娠前から糖尿病だった人が妊娠したというケースもあります。この場合、出産後でも糖尿病は続きます。 妊娠糖尿病になる原因... 続きを読む
シドニー日本人会入会のご案内

過去のニュース

Share This