認知症の予防

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 高齢化の進んでいる社会では認知症の発症率が将来高まっていくことはあきらかです。重度の認知症患者のケアーにはかなりの人的資源も必要とし、医療システムにも大きな負担がかかってくることは容易に予測できます。 オーストラリアでは現在(2012年)で26万人の人が認知症を煩っていて、2050年にはその数は4倍の100万人にまで昇るだろうと予測されています。もちろんこの問題によっておこる国への経済負担も莫大なものとなります。... 続きを読む

医療用大麻(Medicinal cannabis)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 大麻草には医療用に役立つ成分が含まれています。医療で使う大麻とはこの植物から必要な成分を抽出して医薬品として製造されているもので、医師の処方が必要です。大麻、あるいはマリファナとしても知られていて、娯楽用に使用される場合、この植物の葉を乾燥させてタバコとして吸ったり葉を食べたりします。... 続きを読む

アレルギー性鼻炎

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 鼻炎とは、鼻の中の粘膜に炎症がおこることで、鼻水、くしゃみ、鼻のかゆみ、それに鼻づまりなどの症状をおこします。アレルギー性鼻炎とは、その鼻炎がアレルギーをおこす何らかの抗原の刺激によっておこる鼻炎のタイプです。その他の大きな鼻炎の原因は風邪の菌などによる細菌性のものがあります。重病としては見られませんが、毎日の生活に影響し、集中力の減退、不眠症、慢性の疲労感などがおこることもあります。 原因... 続きを読む

腰椎椎間板ヘルニア

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 神経根傷害とは脊髄から出ている脊椎神経に圧迫がかかり、痛み、しびれなどの神経症状をおこしている疾患です。椎間板ヘルニアからおこることが一番多く、特に腰椎のレベルでよく見られます。その他には脊柱管狭窄症、椎間関節嚢胞、脊髄硬膜上膿瘍、怪我、腫瘍などで神経根傷害がおこることもあります。椎間板ヘルニアは一番体重がかかる腰椎のレベルで最もよくおこります。... 続きを読む

前立腺炎(Prostatitis)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 前立腺の炎症は尿道炎の合併症としておこります。バクテリアによる感染からおこることがほとんどですが、尿の培養検査をしても細菌が見つかるのは5-10%程度です。 一度おこると何度も再発したり慢性化することがよくあります。急性前立腺炎と慢性前立腺炎、それに慢性骨盤痛症候群(Chronic pelvic pain syndrome)に分類されます。 急性前立腺炎... 続きを読む
シドニー日本人会入会のご案内

過去のニュース

Share This