豪州法務(94)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 4 ICC Q 仲裁条項にICCルールを使うと書かれておりました。仲裁機関であるICCを使えと言う事でしょうか? A ICC(International Chamber Of Commerce:国際商業会議所)ルールに従い仲裁を実施しなければなりません。紛争が発生した場合、訴状に該当するRequest(申立書)をICCの窓口に提出する必要があります。... 続きを読む

豪州法務(93)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 3 調停と仲裁の違い Q 調停と仲裁の違いは何処にあるのでしょうか? A 仲裁は第三者が裁決するのに対して、調停は当事者のみの合意になります。つまり、調停人は決審しないのみならず、アドバイスする事もしません。 Q 調停人は一体何をするのでしょうか? A 和解が出来る様当事者間の協議を進めるのが調停人です。 仲裁合意書 2... 続きを読む

豪州法務(92)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 2 仲裁地裁判所 2 Q 仲裁地裁判所とは何々でしょうか?特別な裁判所でしょうか? A ニューヨーク条約加盟国は条約を批准する為に、各国は其々国内法として仲裁地法を新たに法令化致しました。その国内法で通常上級裁判所を仲裁地裁判所に指定しております。 Q 仲裁地裁判所は何をするのでしょうか?... 続きを読む

豪州法務(91)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 1 国際商事仲裁 Q 国際商事仲裁とはそもそも何々でしょうか? A 英語名はInternational Arbitrationになります。国際間の商業活動を円滑にする為1958年に国連で定められましたニューヨーク条約に基づきます。 Q 日本も加盟国なのでしょうか? A 日本を始め殆どの国が加盟しております。... 続きを読む

豪州法務(90)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) シンガポール条約が昨年調印され、企業の国際間紛争解決において国際調停が活用される機運が、日本および豪州で高まっております。今回は豪州で認定されている調停(和解型)の進め方についてご説明させて頂きます。 調停の進め方 調停で求められるコミュニケーション能力‐傾聴力‐受容力‐再確認力‐要約力‐質疑力‐和解型調停の進め方‐調停で共通して問題となる点‐進行を妨げる問題への対処‐無反応への対処‐合意形成... 続きを読む
シドニー日本人会入会のご案内

過去のニュース

Share This