第189話:5G・スマートシティ

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 都市にあるオフィス、住宅、工場、病院などの施設、建物。電車、車などの交通。電力、ガス、水道などのインフラ。銀行、証券会社などの金融機関。これらのものは、現在のところそれぞれがバラバラに活動しており、お互いのコミュニケーションがほとんどない。これらのものすべてを5Gや高速インターネットで繋いで効率化を図ろうというのが、スマートシティ構想である。... 続きを読む

豪州法務(88)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ法律事務所-国際商事仲裁専門 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事調停... 続きを読む

アトピー性皮膚炎(湿疹)と食物アレルギー

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 食べ物に対するアレルギーで皮膚に反応がおこる場合、即時型過敏症状と非即時型反応があります。 即時型過敏反応とは、蕁麻疹や嘔吐、下痢、呼吸困難、それにアナフィラキシーのような反応のことで、その食べ物を食べてから数分から数時間のあいだにおこる反応です。食べ物との関連がはっきりとしているのでアレルギーをおこした食品を特定することは比較的簡単です。しかし、食物アレルギーが関与しておこるアトピー性皮膚炎(湿疹)は非即時型反応で、要因を特定することも困難です。... 続きを読む

第188話:5G・応用

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 5Gの特長は、単にスピードが速くなるというだけではない。大きく分類して次の4つの特長を持つ。 高速通信:データ転送スピードが速いということ 大容量:大きなファイルを瞬時にダウンロード、アップロードできる 多接続:たくさんの通信を同時に送受信する 低遅延(遅延が少ない):接続するときの手続き時間が非常に短い 以上の特長を踏まえて、今まで想像もつかなかった多くのイノベーションが待ち受けていると言えよう。以下は現在考えられる5Gを使った応用例だ。... 続きを読む

からだの痒み

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice かゆみは皮膚疾患のなかでも一番頻繁におこる症状ですが、皮膚の病気からおこっている場合と、皮膚病ではなく、内臓疾患からからだ全体が痒くなる場合とがあります。 皮膚疾患 痒みをおこす皮膚病のなかでも特に疥癬(scabies) と蕁麻疹は、皮膚の変化が微妙でわかりにくいこともあります。 *疥癬(scabies):... 続きを読む

第187話:5G・サービス開始

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 前回は5Gの速度についてお話した。そして次回(つまり今回)は、5Gになって初めて実現できるもののお話をしようと書いたが、ここに来て5Gサービス開始の話題が相次いだため、ニュース性を考えて今回は5Gサービスのお話しをしようと思う。... 続きを読む

豪州法務(87)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ法律事務所-国際商事仲裁専門 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) シンガポール調停条約:国際紛争解決を変えるのか? UNCITRAL (United Nations Commission on International Trade Law: 国連国際商取引法委員会)... 続きを読む

取引信用保険について

エーオン・リスクサービス 斉藤 大 日本よりも制度的もしくは文化的に企業倒産が割りと頻発する印象があるオーストラリアですが、キャッシュ商売をしていない限りは売掛金の管理は非常に重要な企業のリスクマネージメントの一部だと言えます。 企業によっては社内規定にてしっかりと与信のコントロールを行いながらビジネスを進めていることと思いますが、取引信用保険を手配する事によってそういった与信管理の一部をいわゆる外部委託とし、且つ保険会社と連携しながら売掛金の焦げ付きリスクをマネージするやり方があります。... 続きを読む

第186話:5G・速度

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 前回1Gから4Gまでをおさらいしたが、今回からいよいよ5Gに突入する。5Gに関してはテレビ、新聞、インターネットですでに多くが解説されているが、断片的で分かりにくいという意見を聞いた。そこで何回かに分けて5Gをわかりやすく解説して行こうと思っている。今回は、速度に関して。... 続きを読む
シドニー日本人会入会のご案内

過去のニュース

Share This