豪州法務(94)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 4 ICC Q 仲裁条項にICCルールを使うと書かれておりました。仲裁機関であるICCを使えと言う事でしょうか? A ICC(International Chamber Of Commerce:国際商業会議所)ルールに従い仲裁を実施しなければなりません。紛争が発生した場合、訴状に該当するRequest(申立書)をICCの窓口に提出する必要があります。... 続きを読む

豪州法務(93)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 3 調停と仲裁の違い Q 調停と仲裁の違いは何処にあるのでしょうか? A 仲裁は第三者が裁決するのに対して、調停は当事者のみの合意になります。つまり、調停人は決審しないのみならず、アドバイスする事もしません。 Q 調停人は一体何をするのでしょうか? A 和解が出来る様当事者間の協議を進めるのが調停人です。 仲裁合意書 2... 続きを読む

死産と予防

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 死産(Stillbirth)とは妊娠20週を過ぎてから胎児が死亡することです。妊娠20週以前に胎児が死亡した場合は流産(misscarriage)といいます。 多くの場合は原因は不明ですが、死産をおこしやすい危険因子はいくつかあります。妊娠中に気をつけていれば20-30%の死産は防げるかもしれません。 死産になる危険因子 *先天異常: 胎児の体や機能に生存できないような致命的な欠陥がある場合 *早産: 発育が未熟なため、生存できない場合... 続きを読む

豪州法務(92)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 2 仲裁地裁判所 2 Q 仲裁地裁判所とは何々でしょうか?特別な裁判所でしょうか? A ニューヨーク条約加盟国は条約を批准する為に、各国は其々国内法として仲裁地法を新たに法令化致しました。その国内法で通常上級裁判所を仲裁地裁判所に指定しております。 Q 仲裁地裁判所は何をするのでしょうか?... 続きを読む

第198話:人工知能と機械翻訳

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 日英、英日機械翻訳の歴史は、パソコンの歴史と同じ年代まで遡ることができる。1980年代初期、第5世代コンピュータ・プロジェクトと呼ばれる日本の通産省指導プロジェクトが発足した。それまでコンピュータの発展というのは、計算の速さやアルゴリズムの複雑さを競ってきた。それに対して第5世代では、コンピュータの計算機能以外の可能性を追求した。例えば人工知能の可能性、自然言語や機械翻訳の可能性という、それまでとは大きく異なった大胆な挑戦をした大掛かりなプロジェクトであった。... 続きを読む

慢性膵炎

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 慢性膵炎とは膵臓におこる進行性、そして不可逆性の炎症性疾患です。炎症により膵臓の細胞が破壊され、 線維化して膵臓が硬くなっていきます。それに伴い、膵臓の機能は徐々に低下していきます。発症率は10万人に50人程度です。男性対女性比は2~3:1です。大半はアルコールの過剰飲酒によるものです。慢性の疾患なので、長期間、状態を見ながら治療方を調整していかなければなりません。 膵臓の機能... 続きを読む

豪州法務(91)

情報提供:アドバンテージ・パートナーシップ外国法事務弁護士事務所 国際仲裁弁護人・国際調停人 堀江純一(国際商業会議所本部仲裁・調停委員) 国際商事仲裁解説 Q&A形式 1 国際商事仲裁 Q 国際商事仲裁とはそもそも何々でしょうか? A 英語名はInternational Arbitrationになります。国際間の商業活動を円滑にする為1958年に国連で定められましたニューヨーク条約に基づきます。 Q 日本も加盟国なのでしょうか? A 日本を始め殆どの国が加盟しております。... 続きを読む

アジソン病(Addison’ disease)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice アジソン病とは、腎臓の上にある副腎が何かの理由でコルチゾールやアルドステロンなどのホルモンを充分に分泌できないことによっておこる疾患です。発症率は10000人に1人で、あらゆる年齢層におこります。 大きく分けて原発性と続発性があります。原発性とは副腎自体に問題があり、必要なホルモンが分泌されない疾患です。続発性とは副腎自体には問題がなくても副腎を刺激する副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が下垂体の病気によって減少していることによっておこる疾患です。... 続きを読む

第197話:電子出版、オンデマンド印刷

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 歳をとってくると、後世になにか残せないかと考える。すでに功成り名を遂げた方々は、焦ることはないのだろうが。私のように、ただ歳だけ取ってしまった者は、死ぬまでになにか自分が生きた証を残したいと思うだろう。この欲求を満たすために、よくやるのが自叙伝や小説、エッセイを書くことである。そして、できれば自分が書いたものを多くの人達に読んでほしいと思うのだ。... 続きを読む
シドニー日本人会入会のご案内

過去のニュース

Share This