第196話:テレカン(自宅待機になったら)

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 前回は、テレワークにおけるリモート接続に関して説明した。リモート接続で会社のPCやサーバーに入って仕事をするのは、普段会社でする書類作成業務に取って代わるものである。しかし、これだけでは十分ではない。家から会議や打ち合わせができるテレカンファレンス(以降、テレカン)が必要だ。...

妊娠糖尿病(Gestational diabetes)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 妊娠中に糖尿病になった場合を妊娠糖尿病といいます。出産後にはほとんどの場合、正常化します。ただし、出産後6-12週でもう一度糖負荷検査をして治っていることを確認する必要があります。 中には妊娠前から糖尿病だった人が妊娠したというケースもあります。この場合、出産後でも糖尿病は続きます。 妊娠糖尿病になる原因...

パンデミック下での損害保険における留意点について – 財物保険

エーオン・リスクサービス 斉藤 大 在宅でのリモート勤務が一般的な状況となっている現在、事務所や倉庫施設等が無人となっている状況が通常よりも長期間にわたって発生している事が想定されます。そういった状況下においては、火災や盗難の被害発生に対してふだん以上に注意を払う必要があります。 例えば、定期的な点検によって建物施設の維持管理を含めた適切な手順を踏むことで、そういった盗難犯罪を未然に防ぐ事ができます。また、万が一の損害の場合にもその拡大を早期に防ぐような補填費用も最小限に抑えることを可能にするでしょう。...

第195話:リモート接続(自宅待機になったら)

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 急速に拡大したコロナヴァイルスにより、日本では主要都市に対し緊急事態宣言がなされ、オーストラリアでも同様の状況になっている。先月は、まだ自宅待機になっていない企業が多かった。だが、今はほとんどの企業で、テレワークで仕事をしている。 急速過ぎて、日本もオーストラリアもテレワークの準備ができていないのが現状だ。街の電器店の棚からはほとんどのノート型パソコンが消え、売れ残りの高価なものがポツポツある程度だ。...

胎児アルコールスペクトラム障害(Fetal Alcohol Spectrum Disorder)

鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice 胎児アルコールスペクトラム障害(Fetal alcohol spectrum disorder, FASD)とは妊娠中の母親が飲酒することによっておこる先天性の疾患で、軽度から重度と広範囲な症状が現れるのでスペクトラム障害という名称がついています。...