第199話:機械翻訳はどこまで使えるのか?

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 前回からの続きであるが。実際の文を翻訳してみて機械翻訳がどこまで使えるのか、実力を検証してみようと思う。先ず契約書の一部を抜粋して、それぞれ英日と日英の例文で代表的なフリー翻訳ソフトであるGoogle Translateを使用した。     契約書例、英語原文 日本語翻訳 by Google Translate All property, including but not limited to documents and copies thereof created by... 続きを読む

第198話:人工知能と機械翻訳

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 日英、英日機械翻訳の歴史は、パソコンの歴史と同じ年代まで遡ることができる。1980年代初期、第5世代コンピュータ・プロジェクトと呼ばれる日本の通産省指導プロジェクトが発足した。それまでコンピュータの発展というのは、計算の速さやアルゴリズムの複雑さを競ってきた。それに対して第5世代では、コンピュータの計算機能以外の可能性を追求した。例えば人工知能の可能性、自然言語や機械翻訳の可能性という、それまでとは大きく異なった大胆な挑戦をした大掛かりなプロジェクトであった。... 続きを読む

第197話:電子出版、オンデマンド印刷

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 歳をとってくると、後世になにか残せないかと考える。すでに功成り名を遂げた方々は、焦ることはないのだろうが。私のように、ただ歳だけ取ってしまった者は、死ぬまでになにか自分が生きた証を残したいと思うだろう。この欲求を満たすために、よくやるのが自叙伝や小説、エッセイを書くことである。そして、できれば自分が書いたものを多くの人達に読んでほしいと思うのだ。... 続きを読む

第196話:テレカン(自宅待機になったら)

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 前回は、テレワークにおけるリモート接続に関して説明した。リモート接続で会社のPCやサーバーに入って仕事をするのは、普段会社でする書類作成業務に取って代わるものである。しかし、これだけでは十分ではない。家から会議や打ち合わせができるテレカンファレンス(以降、テレカン)が必要だ。... 続きを読む

第195話:リモート接続(自宅待機になったら)

  ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし 急速に拡大したコロナヴァイルスにより、日本では主要都市に対し緊急事態宣言がなされ、オーストラリアでも同様の状況になっている。先月は、まだ自宅待機になっていない企業が多かった。だが、今はほとんどの企業で、テレワークで仕事をしている。 急速過ぎて、日本もオーストラリアもテレワークの準備ができていないのが現状だ。街の電器店の棚からはほとんどのノート型パソコンが消え、売れ残りの高価なものがポツポツある程度だ。... 続きを読む
シドニー日本人会入会のご案内

過去のニュース

Share This