鳥居泰宏/ Northbridge Medical Practice


膵臓癌(Pancreatic cancer)

 膵臓は胃の後ろにあり、長さ20cmほどの左右に細長い臓器です。膵臓の機能は二つあり、消化を助ける膵液の生産(外分泌機能)とインシュリンなどの血糖値をコントロールするホルモンの生産(内分泌機能)です。膵液は膵管を通り、肝臓からの総胆管と合流して十二指腸に膵液と胆汁が注入されます。

膵臓癌
膵臓にできる癌ですが、90%以上は膵管の細胞から発生する癌です。その他には神経内分泌腫瘍(neuroendocrine tumour)や膵管内乳頭粘液性腫瘍(intraductal papillary-mucinous neoplasm)などがあります。膵臓癌の特徴として、初期には自覚症状があまりなく、症状が発生したころにはかなり癌が進んでいる状況が多いということです。また、初期状態で察知できるようなスクリーニングテストもまだ開発されていません。

症状
膵癌に特異的な自覚症状はなく、その他の疾患からでもおこるような症状が多くあります。
*腹痛 *黄疸 *食欲不振 *体重減少 *皮膚のかゆみ *腰や背中の痛み

膵臓癌になりやすい危険因子
*遺伝的要因
遺伝性膵炎、遺伝性非ポリポーシス大腸腫瘍(Lynch syndrome)、家族性乳癌、多発性内分泌腫瘍Ⅰ型、ポイツ・ジェガース症候群(Peutz-Jeghers syndrome)などがあります。
*糖尿病
糖尿病が膵癌になる原因なのか、あるいは膵癌によって膵臓が破壊された結果インシュリンの分泌が妨げられて糖尿になるのかははっきりとわかっていません。長期糖尿病の患者さん(10年以上)の場合、リスクが高まります。また、中高年になってからの新規発生や明確な原因もなく血糖のコントロールが悪化した場合にも膵癌の疑いが高まります。
*胆石、胆嚢炎
これらの疾患を患ったことのある患者さんは胆石や胆嚢炎になったことのない患者さんと比較すると膵癌になる危険率が約2倍になります。
*慢性膵炎
この疾患を罹った患者さんは一般人口と比較して膵癌のリスクが2倍以上高まります。
*生活習慣
喫煙者は膵癌のリスクが高まります。飲酒に関しては慢性膵炎との関連が高いので間接的な危険因子になります。食事に関しては肉類、とくに燻製や加工肉、飽和脂肪酸、血糖値を著明に上げる食事などは膵癌のリスクを高めるようです。また、ビタミンCや植物線維などは膵癌のリスクを低める効果があるようです。肥満度が高ければ膵癌のリスクも上昇するようですが、これは肥満に伴い糖尿病の頻度が高まることとの関連があるようです。

膵癌の診断
血液検査ではCA19-9という腫瘍マーカーがありますが、この検査は膵臓癌に特異的なものではなく、その他の疾患でも数値が上昇することもあります。また、2cm以下の初期癌では陽性率は高くありません。膵癌を検出するための検査ではなく、膵癌の経過観察にむしろ有効です。

*腹部超音波検査
非侵襲的で、簡単にできる検査ですが、小さな初期癌や膵尾部の癌を見つけることは困難です。患者さんの体型や腸内ガスの状態によっても結果は左右されますし、超音波技師の経験などでも結果に影響がでてきます。
*腹部CTスキャン
膵臓癌が疑われる場合の標準検査です。膵管や総胆管の拡大や閉塞、膵臓の末梢部の萎縮や臓器の輪郭などもみることができます。また、造影剤を使用すれば血流や病変を詳しくみることもできます。
*MRI検査
CTスキャンでの診断の確認とともに病変部の詳しい範囲や周辺臓器への浸潤の有無などもみれます。
*超音波内視鏡検査(Endoscopic ultrasonography)
超音波装置のついた内視鏡を入れ、胃や十二指腸の中から膵臓などを診ます。体外からの超音波検査よりも病変部や周囲への広がりをより詳しく診ることができます。穿刺吸引細胞診といって腫瘍からサンプルを採って細胞検査を同時にすることも可能です。
*内視鏡的逆行性胆管膵管造影(Endoscopic retrograde cholangiopancreatography, ERCP)
内視鏡を十二指腸乳頭部(胆管と膵管の出口)に位置し、造影剤を注入して膵管や胆管をレントゲンで写して見る検査です。
*MR胆管膵管撮影(MR chonagiopancreatography)
内視鏡や造影剤を使わずにMRIで胆管や膵管の状態を見る検査です。
*PET検査(Positive emission tomography)
放射性フッ素で標識されたブドウ糖を胎内に注射し、その体内分布を特殊なカメラで映像化してみる検査です。癌細胞は正常な細胞よりもエネルギー代謝が高いので栄養であるブドウ糖をより多く取り込む性質があることを利用した検査です。直径2cm以下の腫瘍に関しての感度はあまり高くありませんが、良性悪性の鑑別が困難な場合や癌がリンパ節や離れた臓器に転移しているかの確認に役立ちます。
*経皮経肝胆管造影(Percutaneous transhepatic cholangiography,PTC)
黄疸があるときは胆管が閉塞されているのでERCPにより十二指腸乳頭部の胆管の出口から造影剤 を入れても胆管を全体に写すことができないので皮膚の上から直接肝臓を貫いて胆管に針を刺し、造影剤を注入して胆管を写すこともあります。また、その時に胆管に細い管を導入して胆汁を体外へ排液して黄疸を和らげることもできます。

膵臓癌のステージング(病期)
Ⅰa 腫瘍径2cm以下で周囲のリンパ節や多臓器に転移していない
Ⅰb 腫瘍径2cm以上だが周囲のリンパ節や多臓器に転移していない
Ⅱa 癌は膵臓外に進展しているが、周囲の動脈や静脈には及ばず、周囲のリンパ節や多臓器に転移していない
Ⅱb 周囲の動脈や静脈には進展しておらず、多臓器への転移もないが、周囲のリンパ節に及んでいる
Ⅲ 癌が周囲の動脈、静脈、あるいはリンパ節に進展しているが多臓器への転移はない
Ⅳ 体内の多臓器への転移がある

膵臓癌の治療法
*外科治療
ステージⅠとⅡの癌の場合は外科治療が可能ですが、ステージⅢの場合は周囲の血管に浸潤しているので外科治療には適しません。膵頭十二指腸切除術、膵臓全摘術や膵尾部の切除など、腫瘍の位置やサイズによって術式は変わりす。膵頭十二指腸切除術では、膵頭部の他に十二指腸、胃と胆管の一部分、胆嚢も取り除き、残った膵管と胆管を小腸につなげるという大がかりな手術です。膵臓全摘術の場合は膵臓の機能がなくなるわけですからインシュリンや消化酵素の補充療法が必要となります。
*術後補助化学療法
ステージⅠとⅡの癌で外科治療を受けた後に6ヶ月の化学療法を行うと5年間の生存率を倍に高めることができるようです。Gemcitabine か Fluorouracilが最も良く使われる抗癌剤です。
*進行癌の化学療法
ステージⅢとⅣの癌の場合はGemcitabineかFolfirinoxという抗癌剤がよく使われる抗癌剤です。
*放射線治療
化学療法と組み合わせて癌が主要血管に及んでいるような場合には効果があるかもしれません。膵臓癌の治療の主要手段としては使われていませんでしたが、放射量を高めることによって効果があるというデータも出ています。骨転移の疼痛を和らげたり、胆管閉塞などの治療に使われることもあります。
*緩和ケアー
膵臓癌は完治することが困難な癌なので、早めに緩和ケアーサービスとコンタクトをとっておくことも大切です。胆管閉塞や十二指腸閉塞などは経内視鏡によりステントを挿入することにより一時的に症状を和らげることも必要となったり、痛みに関しては鎮痛剤の効果的な服用も大切です。

Share This