ジャパン/コンピュータ・ネット代表取締役 岩戸あつし

 

マイクロソフト・オフィース365を店で間違えて買ったという人がたくさんいる。どういう間違いかというと、一度インストールしたらずっと使い続けることができると思って買ったのに一年ごとにライセンス料金を払う必要があったからだ。

Office 365と従来のOfficeとの違い
まず基本な話から始める。
Office365の特長:技術的にいうと、Office 365はC:ドライブなどのローカルディスクもデーター保存用に使用できるが、基本的にOne Driveというクラウド・ストレージを使用するようにデザインされている。それに追加してクラウド上 のワードやエクセルも使用でき、つまりワード、エクセルが入ったPCを持っていなくても、Windows PCかMacさえあれば、いつものようにワード、エクセルで仕事ができる。料金体系でいうと、Office 365というのは、1ユーザー毎にライセンスされ、1ヶ月もしくは1年ごとにライセンス料を支払う必要がある。その代わり無料で最新バージョンのオフィースをダウンロードしアップグレードできる(一部の365製品で無料ダウンロードできないものもあるが)。
従来のOffice:それに対し従来のOffice製品は基本的にローカル使用を目的としている。One Driveなどのクラウド・ストレージも利用できるが、クラウド上のワードやエクセルは使用できない。従来のOfficeは、一度買えばずっと使用できる。その代わり、Office 2010、 2013、2016というアップグレードに対しては無料ではなく、新しいものに買い換える必要がある。さらに従来のOfficeは、Home & Student、Home & Business、Professionalというエディションがあり、価格が安いものは使えるソフトに制限がある。さてどちらが得か。

Office365の家庭用、ビジネス用
Office365を大きく分類すると、家庭用とビジネス用に大別される。お店で売っているのは家庭用だ。家庭用には以下の2種類がある。
Office 365 Personal: 1ユーザー月間9ドルもしくは年間89ドル。Office Professional版 が持っているWord, Excel, Power Point, Outlook, Publisher, Access, OneNoteという多くの最新版ソフトがWindows機で使用できるだけでなく、Macやタブレット、スマートフォンでもダウンロードして使用できる。但し、Windows機かMacかどちらか1台を選ぶ必要があり、2台にはインストールできない。ただタブレット機とスマートフォンには上の規則とは別にそれぞれ1台ずつインストールできる。そして1TBのOne Driveストレージがもらえる。
Office 365 Home: 5ユーザーで月間12ドルもしくは年間119ドル。他の条件はPersonal版と同じなので、二人以上の場合は断然お得だ。しかも各5ユーザーがそれぞれ1台ずつのWindows機かMacにソフトをインストールでき、さらに1台ずつタブレット、スマートフォンにインストールできる。5人がそれぞれ1TBのストレージを使用できる。
家庭用参照https://products.office.com/en-au/compare-microsoft-office-products

次にビジネス用の種類であるが、
Office 365 Business: 1ユーザー月間13.20ドル。基本的にOffice 365 Personal版と同じソフトが使用でき、他の条件もほぼ同じであるが、家庭用と異なるのは、ビジネス用は1ユーザーで5台のWindows機かMacにインストールでき、タブレットにも5台まで、スマートフォンにも5台までインストールできる。
Office 365 Business Premium: 1ユーザー月間17.50ドル。ビジネス版で最上級のエディションであり最も機能が多い。アクセスできるソフトも増えており(以下のリンク参照)、一番の目玉はメールサーバーにクラウド仕様のExchange Serverが使えることだ。どういうことかというと、通常メールサーバーはインターネット・プロバイダーのメールサーバーを使うが(例:mail.bigpond.com)メールサーバーに置くことができる容量が少なかったり、セキュリティーが甘くジャンクメールが毎日たくさん来たりといろいろ問題がある。プロバイダーのメールサーバーの代わりにExchange Serverを使うことによって、例えば、サーバーの容量が1ユーザー50GBまで使用でき、ジャンクメールもあまり入ってこなくなる。クラウドがなかった時代には、多くの企業が自社にあるメールサーバー機にExchange Serverを入れて使っていた。それが、クラウドができてからExchange Serverもクラウド仕様になり、社内にメールサーバーをおく必要がなくなった。最近は多くの企業がこのクラウド仕様のExchange Serverに切り替えてきている。
Office 365 Business Essentials: 1ユーザー月間7ドル。このエディションは価格的に安いが、ローカル用のOfficeをダウンロードして使用する権利がない。つまり、すでに市販のOfficeを持っている人のために造られたものである。逆にすでにOfficeをパソコンにインストールしてあれば、このエディションが安くてお薦めである。しかもPremiumで利用できるExchange Serverがこのエディションでも使用可能である。
ビジネス用参照:https://products.office.com/en-au/business/compare-office-365-for-business-plans

Share This