2020年6月度五目釣

日  時: 6月20日 土曜日 21日 日曜日
集合場所: Mosman ferry Wharf
参加人数: 20日10名(部員10名)
21日10名(部員10名)

屋外活動が20名までと規制緩和されましたが、船のスペースの関係で釣人10名で 両日満船で出港。Adam船長が第一子予定日近いとの事で両日Steve船長でした。Adam船長の長男は無事6月21日誕生されました。
①6月20日(土)
快晴で海も穏やかで風もなく、冬とは思えない天候で湾を出たところで金星が大きく見えるとの船長の話で一旦停泊したところ、丁度朝焼けにクジラのジャンプを見る事が出来ました。その後も遠くでクジラの潮吹きを何度も見る事が出来、天候が良いこともあり沢山のボートやヨットが大挙してクジラ見物に出港するほどでした。
水深70Mほどの深い真鯛のスポットというところで最初に釣りましたが、その話通りダレンさんが53cm、松田さんが鯛ラバで43cm、加藤さんも32cm他持ち帰りサイズの30cm以上の真鯛がたくさん釣れました。その後、場所を移動して2回目参加の宇戸さんがシマアジ34cm、下前原さんがジギングでヤリイカなども釣られました。清水さんと当方は60cm超の大物エソも釣れましたが、エソは小骨が多いので日本ではかまぼこの原料、オーストラリアでは魚の餌にするのが通常ですが、清水さんのアドバイスでミキサーを使ってつみれにするとおいしいとの話で試しましたが、大変美味しかったです。デッキハンドは先月の釣会でカワハギの肝を捨てた新人Nickでしたが今回は無事当方釣ったカワハギは皮をはいだだけにしてくれました。
②6月21日(日)
前日と打って変わって曇空から雨の生憎の天気でした。途中は土砂降りでこのまま降り続くと風邪を引くのではと心配するほどでしたが、幸い雨も止み最後は晴天となりました。この日も遠くにクジラの潮吹きを見ながら、時にはイルカが近くを泳ぐというこの時期のシドニーならでは釣りでした。デッキハンドは熟練のMaxに加え若者の研修生までついて2名体制と万全の対応でした。
最初に50m程度と多少浅い真鯛のスポット、その後前日同様深い場所等にも移動して江崎さんが大きなホウボウ、金子さんもマゴチやハリセンボン、上野さんも真鯛、その他初参加のお子様も活躍されメジナもたくさん釣れ皆様満足の釣果となりました。各自自宅に魚を持ち帰り調理しました。芋野さんはメジナを見事な姿造りにされました。
7月よりの新年度の釣会日程は下記の通りです。9月13日(日)に追加した深場での大鯛釣以外は満船です。釣会参加ご希望の方は是非新年度より部員(部費40ドル)にてご参加お待ちしております。なお、釣クラブ部員は日本人会会員に限定しております。

  

写真左:ダレンさんが53cm真鯛を釣られました。
写真中央:松田さんが43cm真鯛を釣られました。
写真右:江崎さんがホウボウを釣られました。


芋野さんの見事なメジナの姿造

7/18(土)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
7/19(日)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
8/15(土)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
8/16(日)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
9/12(土)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
9/13(日) 5:45~13:15 大鯛釣1隻 -空きあり- 五目釣1隻 -満船-
10/17(土)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
10/18(日) 5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
11/14(土)  5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
11/15(日) 5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
12/12(土) 5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-
12/13(日) 5:45~13:15 五目釣1隻 -満船-

懇親会は7月より釣会参加メンバー及びそのご家族を優先に規制に従い限定10名で再開します。
詳細は釣りクラブFace Bookをご覧ください。 連絡先:山下健二 fishjasc@gmail.com