2018年12月度外洋釣

日  時: 12月2日 日曜日
集合場所: Mosman Ferry terminal
参加人数: 24名(部員15名、ビジター9名)

日本人会釣りクラブ、12月度釣会は釣りクラブ発足以来初のチャーター船2隻での外洋釣会を実施しました。
直前に部員のドタキャンがありましたがビジターの方が見つかり5時45分の集合時間には7歳2名、9歳1名のお子様の部員を含む24名全員Mosman Ferry terminalに集合。Blue Reef Fishingの釣船 Strike Back号及びA team号とも船長及びサポートの合計2名が乗船、6時前に到着しStrike Back号にお子様3名を含む部員、A Team号に残りのメンバーが乗船し救命胴衣の付け方、非常時の対応、船内の設備の説明を受けてから6時には出航。11月は南の方で釣りましたが今回は1時間程北上しマンリー沖合付近での釣りとなりました。Strike Back号とA Team号はそれぞれの船長の思う釣り場に移動して釣りました。
Strike back号は先ず比較的浅い水深30m強の釣場からスタート。サポートのマックスはベテランでお子様中心に釣の指導、エサの付け方時には代わりに魚を針に掛けるところまでやってくれるサービスぶりでお子様含め外洋釣が初めての方もコチやベラなど釣る事が出来て大喜びでした。特に釣った魚に烏賊が食い付いて上がってきたときは魚と一緒に烏賊を網ですくってくれました。
A team号はオーナー船長のアダムが魚をさばくなど活躍してくれましたがサポート船員は釣りの経験浅く代わりに加藤副部長などベテラン部員が外洋釣初参加のビジターの皆さまにアドバイス差し上げたこともあり無事皆さまコチやアジなど釣る事が出来ました。ベテラン釣師のビジターの方が真鯛を2匹釣られ、A team号では持ち帰りサイズの真鯛は合計3匹釣れました。
Strike back号でも真鯛は2匹釣れましたが残念ながらリリースサイズばかりでした。
結局 前回同様大漁で懇親会用のクーラーボックス2本が一杯で13時にMosman Ferry Wharfに帰港、記念写真を撮って解散しました。


外洋釣後集合写真

次回1月13日(日)も外洋船2隻チャーター24名での大釣り大会となります。次回から2隻チャーターの際はMosman Ferry WharfとRose Bayの2か所から1隻づつ出港することとしてより参加しやすい様になります。既にビジター含めて定員オーバーですのでこれから参加希望の方は予約が優先される部員(日本人会クラブ会員が条件)に入会お待ちしております。

余談:
今回も懇親会の会場 Darumaに部員にお手伝い頂き持ち込みました。夜6時からの懇親会には釣会参加メンバー及び友人の方合計20名で真鯛を含めた船盛など釣れたての魚の料理を堪能しました。


懇親会集合写真

連絡先:山下健二 fishjasc@gmail.com