2018年11月度外洋釣

日  時: 11月3日 土曜日
集合場所: Mosman Ferry terminal
参加人数: 12名(部員10名、ビジター2名)

日本人会釣りクラブ、11月度外洋釣は10月の外洋釣が悪天候の為中止となった為 今シーズン最初の釣会となりました。5時45分の集合時間には12名全員Mosman Ferry terminalに集合。心配した駐車場も早朝には十分な空きスペースがあり余裕を持って車を停める事が出来ました。
今シーズンから初めてチャーターしたBlue Reef Fishingの釣船も6時ピタリに到着し全員乗船。救命胴衣の付け方、非常時の対応、船内の設備の説明を受けてから出航。
穏やかな快晴の海を1時間程南下。移動中はヘルプの船員マックスが貸し竿、仕掛けの用意、エサの準備をやってくれました。
水深60m強の釣場到着後 今回が外洋釣初めてのメンバーもいる事もありマックスより釣り方、エサの付け方の指導があり底の取り方の説明を行っている先からリリースサイズながらも真鯛を釣り上げて幸先良く今日の大漁を予感させるスタートでした。
7名が船の貸し竿を使用しましたがPEラインを使った本格的な竿とリールで問題無く使用出来ました。
船長アダムとマックスの2名で釣れた魚(特にマゴチは棘があるので注意必要)を針から外したり、もつれた釣り糸をほどいてくれたり、時にはエサまで付けてくれたり釣り方の個人指導をしてくれたり手厚いサポートで 外洋釣初めてのメンバーも戸惑うことなく釣を楽しむことが出来ました。
早朝の魚の活性が高い時間帯にはマゴチが次々と釣れる時間もあり又途中からカマスの群れが来て海底に着く前にエサをさらわれるので慌てて船を移動する場面もありました。
結局 加藤副部長の57㎝のマゴチを筆頭に全部でマゴチが40匹以上、金目鯛5匹、フエフキタイ数匹、キス3匹、カマス数匹などなど坊主の人は誰もなく全員満足で12時過ぎに納竿。
又、途中クジラの潮吹きを見る事も出来、ラッキーでした。
釣れた魚は順次マックスが内蔵を出して下処理してくれて帰港までには全て下処理完了していました。
13時にMosman Ferry Wharfに帰港、記念写真を撮って解散しました。

次回12月2日(日)は外洋船2隻チャーター24名での大釣り大会となります。既にビジター含めて定員オーバーですのでこれから参加希望の方は予約が優先される部員(日本人会クラブ会員が条件)に入会お待ちしております。


外洋釣り後の集合写真

余談:
大型クーラーボックス1つでは足りず小型クーラーボックスも含めて直ぐに夜の2次会の会場Gold Class Darumaに幹事が持ち込みました。釣りクラブの2次会の為に通常よりも早く準備していただきクラ―ボックス満杯の様々な魚を見て伊藤板長が献立を考えて頂き夜6時からの2次会には釣会参加メンバーから10名、友人の方10名合計20名で釣れたての魚をお刺身、コチのカルパッチョ、空揚げ、フライ、お寿司等々で堪能しました。


二次会集合写真

連絡先:山下健二 fishjasc@gmail.com